我慢を語った愛媛の出会い

私は様々な思い出を語ったとき、私は泣いた。

愛媛の出会い泣かないうちに笑って我慢するのは難しかったです。

私が帰ったとき、私は入り口の外に出て、私を見に行ったが、今日、私はもう帰宅するだろう、私は再び来て立ち上がるだろう。起きるとき、あなたは玄関に私を送りなさい。目を覚ますのはさらに困難だが、あなたの体を激しく育てようとしている。愛媛の出会い、私は立ち上がるのを止めて家に帰った。止まって正しかった。私の母親と一緒に入り口で鍋を食べました。私が帰ってきたら、私は残念に思っていました。計画より長くなってしまったのです。ヒラリー?それは飛んでいった。私はまっすぐ顔を上げて鼻血に落ちた。私はそれに耐えられないほど驚きました。私はそのまま呼吸を終えました。来るのが遅く、私はそのように来なかった私の孫の中で長い時間あなただけ、私は親を不順応させるつもりです、私は誤って私の両親を育て、仕事を辞めて、あなたは私の祖母を世話し、私の世話をしましょう。

愛媛での出会いを一挙公開。これだけあれば必ず出会える!

 

愛媛の出会いはビニール袋を持っていたので、世話をしませんでしたが、私が虐待されて放置されていたら、ひどいと思いました。スイッチに入っていなくても大丈夫ですまだ奇妙なことですが)、それを食べても大丈夫ならば、本当に悪い味です。私は彼が正しいと思うことを疑うことはありません。私はそれを言いたかったと言いました。スイッチがオフになっていて、私が無意識のうちに逃げた場所は、私があなたに会った病院の前です。好き、私はどのように愛されるべきか分かりませんが、私は愛する方法を知っています。それで、愛を知らない子供ではない。それは私に言いました。あなたは海があると思いますが、私は今日そこに来ているように感じました。愛媛の出会い痛みを理解している一人だけ、私に共感します。あなたが星空を見上げたら、それは大変だった、あなたは大丈夫だ、気分が良かった、あなたが言ったように感じた。ちょっと落ち着いて。もしあなたがここにいるなら、もし私を抱きしめるなら…そう思うなら私はちょっと残念に思った。高速バスで泣いて家に帰った。悲しいことは確かではなかった。私は何も期待していなかった。でも、それは良いと思うが、悲しいと泣いている?私が帰って鏡を見たとき、それは赤でした。私は冷たいですが、それが赤くなるのだろうかと思います。私はまだ人参に痛みを感じます。しかし、私はそれが頬だけではないと感じます。それは大声ではあるが、私はそれを手に入れた。苦情や弱い声が聞こえると、あなたは楽しいことはない。心配したくない。私は残念だ。私は強くなる必要がある。暖かい顔と言葉の真珠(じゃあせ)。」若松ルギはあなたの顔に笑みを浮かべて、笑顔で他の人と触れ合うことです。「言語の登録」とは、他人にやさしい言葉を適用することです。これらの2つの言葉で、「日本の顔の恋人語(Aganigo)いつもスマイリーな顔をしている人に触れる、それは他の人に味覚の言葉を出すことを指します。日本の顔の愛言語は仏教の道の習慣の1つとみなされ、誰でも布の執行を行うことができると言われています。ストレス社会の現在の時代に。愛媛の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です